腰の痛みは大人の証拠?子育てからくる腰痛の辛さ

腰の痛みは大人の証拠?

昔話などの影響だと思うのですが、子供の頃、腰痛というのは年を取るとなるものだ、という認識がどこかにありました。学生時代も、スポーツで腰を痛めたクラスメイトなどはいましたが、それ以外で腰が痛い、という人がいてもよく理解できなかったのです。
そんな私が初めて腰痛になったのは、社会人になってからでした。運動らしい運動をまったくしていなかった私は、姿勢が崩れたり重い物を持った後、ちょっと腰がだるいな、と思うことがあり、それが腰痛だと思っていました。けれどもそんなものは腰痛ではないことを後に思い知るのです。
それは季節の変わり目、春になり朝晩まだ冷え込むという時期でした。朝のひんやりした空気の中、着替え中にちょっと屈みんだ時“ぐきっ”と音がしたような気がしました。人生初のぎっくり腰でした。実際、そんな音はしていないのですが、ぎっくり腰というだけあって、音が聞こえたような気がしたのです。
ものすごい痛みに襲われながらも、痛すぎて体を伸ばすことも、かがめることもできません。しばらくしてようやく、そろそろと身体を起こし、なんとか着替えをすませましたが、腰が痛くてたまりません。以前友人がぎっくり腰になった際、車で医者に連れて行こうかと提案したのですが「痛すぎて医者まで行けない。トイレがやっと」と言っていた意味がようやく理解できました。よちよちと歩き医者に行き、湿布とコルセットをもらって帰ってきましたが、しばらくは起きるも寝るも苦痛。腰痛になるのは一瞬なのに、どうしてすぐに治らないのかとうらめしく思ったものです。
それ以降、季節の変わり目になると、腰にいやな緊張が走るようになりました。それも毎年二回、春と秋にそれはやってきます。ぎっくりしてしまうと大変なので、気をつけて生活し、早めに湿布を貼ったり、鍼に行って体をゆるめるようにしています。
それにしても、毎日この痛みに耐えている人がいるのかと思うとたまらない気持ちになります。さまざまな薬、治療法がありますが、これ! と言ったものがないのもつらいところです。腰痛が一発で治る方法を発見した人は、ノーベル賞ものだと思っています。

子育てをしていて、さらに腰痛が悪化しました

腰痛を意識するようになったのは、介護の仕事をしていたときのこと。介護の仕事では、おじいさん、おばあさんを抱えて車椅子やベット、おトイレなどに移乗させたりするときに、腰を痛めやすいのですが、介護の技で、足を広めに開けて、少し膝を曲げ、腰を落とすようにしてから持ったり、寝たきりの人のオムツなどを変える時も、出来るだけベットなら高さをあげてから介助する、ということをすれば、腰は痛めにくいです。
私もそのようにして、介護の仕事をしていたときは、腰痛もさほど気になるほど痛めることはありませんでした。
腰が痛いなぁ?と感じるようになってきたのは、ここ最近。2人目の子供を産んで、専業主婦として家にこもるようになってからです。
意外と、下の子の赤ちゃんのお世話より、上の3才の子のお世話をするときに、よく腰が痛いと感じます。赤ちゃんの場合は、まだまだ体重が軽く、抱っこしても全然平気なのですが、上の子の場合、もう15㎏ほどあるので、おんぶしても、数分で腰が痛いと感じます。抱っこはとてもできなくなってきたので、子供には申し訳ないのですが、抱っこの代わりに、抱きしめてあげたりしてしのいでいます。
2人目を産む時に、切迫早産になって、3ヶ月ほど入院していたのも腰を弱らせる原因だったと思います。入院中は、ずっと寝たきり安静状態で、おトイレも車椅子で行くほどだったため、退院してからも身体全体の筋肉が落ち、歩くのもフラフラの状態でした。
そして、下の子が退院してからは、赤ちゃんなので外出もあまりさせられず、お散歩もほとんど行かないため、運動不足を実感しています。
家での運動といったら掃除なのですが、下の子は酸素ボンベをつけているので、家のホコリにも人一倍気をつけなければならず、掃除機を毎日念入りにかけるのも、腰痛の原因のようです。
赤ちゃんの授乳はミルクなのですが、長い時は40分以上もかかるため、じっとミルクをあげ続けるのも、なかなか腰にきます。

それってただの腰痛ですか?もしかして大変な病気になってるかも?

それって腰痛?もしかしたら病気の可能性もありえます!

慢性的な腰痛で悩まされる方は非常に多いと思います。腰痛の多くは身体的なダメージや疲労の蓄積などを考えがちですが、意外なことが原因だったりします。
その多くは、整形外科に通院し、神経ブロック注射や鎮痛剤などを使用しても症状が改善しないものが多くあります。よく、整形外科でレントゲンを撮っても何の異常もなく、筋肉疲労からくるものだと考えられます。しかし、腰痛の30%は原因が特定されるものの、70%は未だに原因が特定されていないからです。そもそも、原因が特定されている腰痛は骨格的な問題や筋肉の老化や不足、ヘルニアなどが原因です。しかし、残り70%が原因不明であり、ちょっとしたことで改善されることがあります。
よく診断される筋肉疲労からの腰痛ですが、何故筋肉疲労が発生し慢性化するか考えれば、要因が分かります。それは身体の疲れが取れていないこと、すなわち睡眠が原因です。
睡眠の質が低下することで、腰痛を引き起こすことが非常に多いと言われています。特に睡眠の質の低下は、夜更かしなども指摘されますがストレスが原因だったりします。
皆さんもストレスが溜まり、イライラしたまま眠りに入ることは非常に難しいと考えます。気が高ぶった状態では、十分な睡眠が取れず腰痛の原因となります。
また、このような腰痛が身体以上に心にも負担になっていると考える必要があります。よく眠れないことは、身体が休まらないだけでなく、脳へのダメージも回復しません。
つまり、睡眠の質が低下したことで慢性的な腰痛に悩まされている方は、精神的な疾患も併発している可能性があります。このような負のスパイラルは、整形外科などの対処療法では改善することが出来ません。そのため、どれだけ通院しても腰痛が改善されない方は一度神経科で診察を受けることがおススメです。神経的な疾患または脳のダメージが考えられます。実際に、うつ病やうつ状態の方は腰痛も併発しています。うつ状態が改善されると次第に腰痛も改善されることがあります。また、過度なストレスを感じると突然、腰や背中に激痛を感じることがあります。私自身、慢性的な腰痛に苦しんだ結果、真の原因はストレスによるうつ病の発症でした。腰痛は、単なる筋肉疲労ではなく、身体と心の危険信号と考えることをおススメします。

腰痛で悩む人にはこんな方もいます

私は38歳の男性です。仕事は介護福祉士をしています。仕事がら、介護の仕事をしていると、利用者さんをかかえたりして腰痛になってしまいます。私は腰痛になって、毎日、仕事中に腰痛防止ベルトと腰に湿布を貼って仕事をしています。慢性腰痛になってしまったのです。腰痛になってみてわかったことは、腰痛になってしまうと、身体がかたくなります。身体がかたくなってしまいますと、靴下をはいたり、生活していて重い荷物を持ち上げる時に腰にかなり負担がいくために腰が痛くなってします。
腰痛になる前に腰痛にならないことが大事になります。
どうやって腰痛にならないかは、まずは、ストレッチをしっかりすることです。背筋と腹筋をして腰の筋力をつけていくといいです。後はたくさん歩いて下半身の力をつけることです。お年寄りになるばなるほど、下半身の力が弱まってしまいます。日頃の下半身の筋力アップをつけることが非常に大切です。
また、最近は介護ロボットをつかって腰痛防止をしたり、運送業で荷物をもつときに、ロボットの活用やリフトを使い腰痛にならないという動きがでてきています。
腰痛になってみてわかりましたが、腰が痛いと動くのに億劫になり、生活が楽しくなくなってしまいます。椅子に座っていてもつらい時が多いです。デスクワークの仕事をしていても腰痛はすごくやっかいな病気です。腰痛予防の大切さがすごく私は理解しました。そのため、若い人で腰を壊していない人に対して腰痛予防のストレッチや機械の活用を訴えています。おせっかいでありますが、腰痛にならないことが、人生で楽しく生活できるポイントだと思います。年齢を重ねれば重ねるほど腰痛にならない予防をしていくことも大切で。私は今後はまずはしっかりとストレッチと歩行することを無理をしない程度で腰痛とたたかっていきます。また腰痛になってしまったら、しっかりと整形外科の病院にいくことをお勧めします。しっかり腰痛防止をして腰痛にならないようにしましょう。

つら~い腰痛の対処法-腰痛になる前の日ごろの生活が超重要!

腰痛の対処法を考えてみよう

腰痛でお悩みの方は多いと思います。ここでは、腰痛の原因と対処法をご紹介いたします。
まずは腰痛の原因です。体を支える脊柱は、7個の椎骨からなる頸椎、12個の椎骨からなる胸椎、5個の椎骨からなる胸椎、仙骨、尾骨で構成されています。椎骨と椎骨の間には椎間板があります。椎間板は軟らかいので、クッションの役割を果たし脊柱にかかる衝撃を和らげています。しかし椎間板は25歳以降から水分が減り始めてしまうので、クッション性が弱くなってしまいます。その結果、強い衝撃を受けると腰に負担がかかり、腰痛が起きてしまいます。同じ姿勢を長年続ける事により筋肉疲労が起きるので、それも腰痛の原因になります。年齢を重ねた人の方が腰痛になる事が多いのは、これらの原因のためです。次は腰痛の対処法です。まず1つ目は、サプリメントで栄養を補給するという事です。コンドロイチンは骨の保水力を高めてくれますし、カルシウムは骨を丈夫にします。ビタミンB1は筋肉疲労を和らげる効果があります。これらの成分を積極的に補給する事で腰痛を和らげられるかもしれません。バランスの良い食事を摂る事が重要なのですが、動物性たんぱく質は控えた方が良いです。コレステロール値が高いと腰痛を招いてしまうという説もあります。2つ目は、ストレッチをするという事です。ストレッチをすると筋肉がほぐれ血行が良くなります。毎日短い時間で良いので続けましょう。3つ目は適度に運動するという事です。胸椎は腹筋と背筋によって支えられています。腹筋と背筋が弱くなってしまうと胸椎が正しい位置に保たれなくなります。適度に運動して腹筋と背筋を鍛えましょう。注意して頂きたいのが運動し過ぎないという事です。運動し過ぎると、筋肉疲労を起こしてしまいます。これらの方法を試してみても腰痛が改善しない場合は病院に行きましょう。基本的には整形外科で診察を受けるのですが、生理の時に腰痛が出てしまう人は婦人科で診察を受けましょう。
い。

腰痛は腰痛になる前の予防が大事になる

私は、介護職員をしていますが、腰痛で悩んでいますよ。腰痛で悩んでいるかたは、腰痛がよくなったら腰痛にならない、予防が大事になってきますよ。まずは介護職員でしたら介護ロボットを使うこと。物流業の仕事でも、リフト等を使い腰痛にならないようにしてくださいね。また腰痛予防で大切なのは無理をしないで、腹筋と背筋力をつけて腰痛にならないことが大事になってきますよ。腰痛で苦しんでいたら、整形外科には受診はしてくださいね。後は毎日運動することが大事になります。足をあげたり下げたりしたり、いつも使っていないところの筋肉をつけることが大事になりますよ。毎日ストレッチをするのはきついですから、例えばテレビをみながらストレッチをすることをしてくださいね。ストレッチ時間も10分もやればかなりな筋力がついてきますよ。毎日の筋力アップすることを大事にしてくださいね。あとは、腕をふってしっかりと歩くことが大事になってくると思います。腰痛で過度な運動をしてしまうとかえって逆効果になってしまいますから。私は、介護職員をしていて、リハビリの専門職の方に話を聞いたことを紹介しました。腰痛で苦しむ前に腰痛にならないことの予防をした方が、はるかによいことだと腰痛予防をしていけばわかってくると思います。もしも、周りで、腰に負担をかけているかたや、シニアの方がいましたら、腰痛にならないことが一番大事だと伝えてあげてくださいね。介護職員をしていたら、介護ロボットや機械にたより、シニアで健康な方は筋力アップをして腰痛にならないことをしっかりとしてくださいね。腰痛は仕事をしたり生活するのにかなり不便な生活になってしまいますので、腰痛にならないことが大事になってくることを教えてあげてくださいね。私も毎日ストレッチをしながら、介護ロボットを自分で購入して、介護の仕事に役立っていきたいと思っています。腰痛予防はすごく大事ですから日頃から考えておいてくださいね。

腰痛の原因はいくつもあった!?ながら体操で腰痛改善

腰痛の原因はいったい何?今ながら体操がアツイ!

腰痛と言っても原因は様々です。
だから、なかなか治らないということかもしれませんね。
今回は腰痛の原因をいくつか挙げていきたいと思うので、自分に当てはまるかどうか参考にしてみて下さい。
1.姿勢がいつも同じである
腰を曲げた状態・立ちっぱなしの状態でいると腰にかなりの負担をかけていることになります。
そして、負担は筋肉をどんどん悪くしていき血液の流れも悪くなり痛みへと変わっていきます。
2.運動不足
運動は適度にしなければと思いながらも、年齢を重ねるにつれて運動することが億劫になりますよね。
しかし、そんな生活を続けていると筋肉量がどんどん落ちていき、腰痛に繋がります。
そして、腰が痛いからもっと運動したくなくなるという、魔のサークルに陥るのです。
運動しない→筋肉量低下→腰が痛い→運動しない
こうなるとなかなか抜け出せなくなるので要注意です。
3.激しい運動
運動はずっとしているのに腰が痛いんだけどという方がいると思います。
運動は適度がいいんです。運動しないのもダメですが、し過ぎるのも好ましくありません。
同じ姿勢を保つのと一緒で過度な運動は、筋肉を疲れさせています。
急にぎっくり腰になるというケースが多いので、要注意ですね。
4.骨密度がなくなっている
これは女性に多いと言われています。
なぜなら、女性は何十年と月経を経験しています。その間にかなりのカルシウムを消費しており、月経が終わった時にガクンと骨密度が落ちる可能性があるからなのです。
そして、その骨密度の低下は骨粗しょう症や骨の変形となる可能性を高め腰痛として表れる可能性があるのです。
5.内臓が悪い
腰と全く関係のないような気がする「内臓」ですが、関係している場合があります。
腎臓や肝臓に石が溜まる結石や子宮の疾患などでも腰痛になる可能性があります。
また、うつ病など精神的なものからの腰痛も考えられるのです。

ただ腰が痛いだけだと思わず、一度病院に行くことをオススメします。
自分が思ってもみなかったことが、原因である可能性もあるからです。

原因を知ったら、ながら運動で腰痛をなおす

昔、太極拳を習っていたころです。面白い運動を教えてもらいました。それは両足を肩幅に開き、左右の足を平行にしてたつのです。普通の場合は、気をつけの姿勢ですと、足の指の方が開き、二つの足は平行になりませんが。しかし、これは、友人の話によると、普通に立ってもよいようです。この姿勢で、両手を前後に振るのです。ただ、それだけです。それでは、この運動にどんな効果があるのかといいますと、なんと腰痛を予防し、かつ腰痛を治すのです。
私自身は腰痛に悩まされることはほとんどありませんので、この運動を忘れていました。しかし、あるとき運動不足と仕事の疲れが重なって、腰痛になったのです。ちょうど40代に入ったころです。生まれた初めての腰痛です。そのとき、この運動を思い出して、テレビなどを見ながら、両足を肩幅に平行に開いてたち、両腕を前後に振る運動をしました。家族には嫌がられたり、煙たがれたりしましたが、しかし、この運動を始めて、なんと数日で腰痛は消えました。なんとも不思議なことです。その後、思い出しては、たまにこの運動をしますが、おかげで腰痛になったことは、それ以来、一度もありません。
この話、知人や友人たちにしているのですが、あまり信用されていないようです。どうやら、彼らの先入感では、腰痛を治すのはヨガの複雑なポーズや気功の理解不能な動作のようです。しかし、この単純な動作の繰り返しが腰痛を予防し、腰痛を治してくれるのです。しかも、テレビなどを見ながらできるし、場所もとりません。もちろん無料です。高価なマッサージ器を購入する必要もありません。またマッサージの治療などに通う必要すらありません。
それなのにですぞ、私の女房ですら、そんなことで腰痛が治るはずがないというような顔つきです。腰痛で悩んでいる皆さん、以上で紹介した、両足を肩幅に開き、両腕を前後に振るという動作を5分ほど繰り返してはどうですか。たちどころに腰痛が治るとは言いませんが、数日繰り返すと、腰痛が消えることは間違いありません。それは私自身、経験しています。

突然発生した腰痛、歩くこともできなくこのまま入院と思われたが改善した

小さいころからの腰痛を改善した方法

小さい頃から健康だけは自信があり、風邪などもひかないで何十年と生きてきました。
若いころはスポーツにバイクに体を動かす仕事と体資本で40歳手前までやって来ました。

さすがに体を動かすのがメインの仕事もきつくなってきて数年前に仕事を変えました。
椅子に座る仕事を初めて行って数ヶ月、肩こりなどの事務の仕事をすると発生すると言われる不調が出てきました。

整骨院などに通ってだましだまし過ごしていましたが、少しずつあちこち痛くなってくる症状に悩まされるようになりました。
最初は整骨院と市販薬のシップなどを貼って過ごしていたのですが、それでも解決できないのでガードルを巻くようになりました。

腰は大事だからといろんな人に言われ続けていたので座り方や拗じらないように気をつけるなど注意していました。
会社の椅子に座るのが結構きつくなり、椅子に座っている状態で体操したりなど、ネットに流れている情報を見て回避するように気をつけてみました。

しかし腰痛は突然やって来ました。
朝起きて会社に行く用意をして家を出ようとしたところ、腰に違和感を感じました。
椅子に座ってじっとしているだけで治るだろうと気楽に考えて座っていましたが全然変わりませんでした。
それどころかどんどんひどくなってきて顔を歪めるくらいになりました。

まずは会社に連絡と電話をかけようとしたのですが、痛くて声も出なくなり会社の同僚が救急車を手配すると言ってきました。
内臓系の問題でこの症状が出てそのまま入院になるのかなどと怖くなり、死んだらどうなるんだろうと本当に心配しました。

同僚が自宅まで来てくれ、床にへたり込んでいる自分を車に乗せ、最寄りの病院まで走りました。
病院でレントゲンなどを撮って診察を受けました。その際にも痛みで顔が歪んだままで先生の問診にも答えられないくらいでした。

結果内臓系などの問題ではなくいわゆる「ギックリ腰」になったとのことで、注射を打ってもらい内服薬を受け取り病院をあとにしました。

しかし、あれからちょっとでも腰が痛くなると以前もらった薬の余りを手元に出していつでも対応できるようにしています。
先日も台湾に旅行に行きましたがしっかり持参したのは言うまでもありません。

腰痛はかなりきついので、これからは気をつけて過ごしていきたいと思います。

腰痛を改善する筋トレ方法とは?

腰痛は筋肉が不足していることが原因だというのはよく聞く話です。
そして、腹筋が効果が期待できるというのも聞きます。
しかし、腰が痛いのに腹筋をするのは少し、いやかなり酷なことなのかもそれません。
そこで今回は無理なく続けられて効果も期待できる筋トレ方法を紹介しましょう。
それは「スクワット」です。
スクワットって足を鍛えるんじゃないのと思われるかもしれませんが、実は腰回りにも効くんです。
でも、やり方を間違えると足だけに筋肉が付くので注意して下さいね。
ではやり方にうつりましょう。
1.足を肩幅ぐらいに開いて、座骨らへんに手をやります。
スクワットをしているときに手の位置足の位置が動いてしまわないように、力を入れておくのがポイントです。
そして、足の向きはつま先を外側かかとを内側にして下さい。
がに股みたいになっていればOKです!
2.体勢が整えば実践に移ります。
足を90度になるまで曲げていきます。この時、素早くするのではなくゆっくりするのがポイントです。
そしてゆっくり元の体勢にしていきます。
これを繰り返すだけです。
動きに慣れてきたらお腹とお尻に力を入れてするとより効果が高まります。
3.どれぐらいやればいいのか
この筋トレを何時間もやると腰痛が悪化してしまう可能性があります。
もともと筋肉量が少ない人が無理に筋トレすると負担が大きすぎますからね。
大体、伸ばして戻すという動作を1セットとしたら一日10セットがちょうどいいでしょう。
時間にすると5分もかからないので続けやすいですね。
でも、最初は1セットするのもキツイと思う方もいるかもしれません。
自分のペースで10セットできるようになるぐらいの気持ちでやるといいですよ。
2日ぐらいで足を曲げる動作が楽になってきたと感じられるのではないでしょうか。

皆さんが思う筋トレとはかけ離れたものかもしれませんが、続けることで腰痛に効果大の筋トレ方法です。
腰痛に悩まされている方は、是非試されてみてはいかがでしょうか。