1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫つら~い腰痛の対処法-腰痛になる前の日ごろの生活が超重要!

つら~い腰痛の対処法-腰痛になる前の日ごろの生活が超重要!

腰痛の対処法を考えてみよう

腰痛でお悩みの方は多いと思います。ここでは、腰痛の原因と対処法をご紹介いたします。
まずは腰痛の原因です。体を支える脊柱は、7個の椎骨からなる頸椎、12個の椎骨からなる胸椎、5個の椎骨からなる胸椎、仙骨、尾骨で構成されています。椎骨と椎骨の間には椎間板があります。椎間板は軟らかいので、クッションの役割を果たし脊柱にかかる衝撃を和らげています。しかし椎間板は25歳以降から水分が減り始めてしまうので、クッション性が弱くなってしまいます。その結果、強い衝撃を受けると腰に負担がかかり、腰痛が起きてしまいます。同じ姿勢を長年続ける事により筋肉疲労が起きるので、それも腰痛の原因になります。年齢を重ねた人の方が腰痛になる事が多いのは、これらの原因のためです。次は腰痛の対処法です。まず1つ目は、サプリメントで栄養を補給するという事です。コンドロイチンは骨の保水力を高めてくれますし、カルシウムは骨を丈夫にします。ビタミンB1は筋肉疲労を和らげる効果があります。これらの成分を積極的に補給する事で腰痛を和らげられるかもしれません。バランスの良い食事を摂る事が重要なのですが、動物性たんぱく質は控えた方が良いです。コレステロール値が高いと腰痛を招いてしまうという説もあります。2つ目は、ストレッチをするという事です。ストレッチをすると筋肉がほぐれ血行が良くなります。毎日短い時間で良いので続けましょう。3つ目は適度に運動するという事です。胸椎は腹筋と背筋によって支えられています。腹筋と背筋が弱くなってしまうと胸椎が正しい位置に保たれなくなります。適度に運動して腹筋と背筋を鍛えましょう。注意して頂きたいのが運動し過ぎないという事です。運動し過ぎると、筋肉疲労を起こしてしまいます。これらの方法を試してみても腰痛が改善しない場合は病院に行きましょう。基本的には整形外科で診察を受けるのですが、生理の時に腰痛が出てしまう人は婦人科で診察を受けましょう。
い。

腰痛は腰痛になる前の予防が大事になる

私は、介護職員をしていますが、腰痛で悩んでいますよ。腰痛で悩んでいるかたは、腰痛がよくなったら腰痛にならない、予防が大事になってきますよ。まずは介護職員でしたら介護ロボットを使うこと。物流業の仕事でも、リフト等を使い腰痛にならないようにしてくださいね。また腰痛予防で大切なのは無理をしないで、腹筋と背筋力をつけて腰痛にならないことが大事になってきますよ。腰痛で苦しんでいたら、整形外科には受診はしてくださいね。後は毎日運動することが大事になります。足をあげたり下げたりしたり、いつも使っていないところの筋肉をつけることが大事になりますよ。毎日ストレッチをするのはきついですから、例えばテレビをみながらストレッチをすることをしてくださいね。ストレッチ時間も10分もやればかなりな筋力がついてきますよ。毎日の筋力アップすることを大事にしてくださいね。あとは、腕をふってしっかりと歩くことが大事になってくると思います。腰痛で過度な運動をしてしまうとかえって逆効果になってしまいますから。私は、介護職員をしていて、リハビリの専門職の方に話を聞いたことを紹介しました。腰痛で苦しむ前に腰痛にならないことの予防をした方が、はるかによいことだと腰痛予防をしていけばわかってくると思います。もしも、周りで、腰に負担をかけているかたや、シニアの方がいましたら、腰痛にならないことが一番大事だと伝えてあげてくださいね。介護職員をしていたら、介護ロボットや機械にたより、シニアで健康な方は筋力アップをして腰痛にならないことをしっかりとしてくださいね。腰痛は仕事をしたり生活するのにかなり不便な生活になってしまいますので、腰痛にならないことが大事になってくることを教えてあげてくださいね。私も毎日ストレッチをしながら、介護ロボットを自分で購入して、介護の仕事に役立っていきたいと思っています。腰痛予防はすごく大事ですから日頃から考えておいてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。